20130723_01

だから「Girls Bee」をはじめました

Girls Beeの構想が最初に生まれたのは2009年。
私が株式会社インテリジェンスで転職支援事業の法人営業として仕事をしながら、仕事で必要になってきた英語力を鍛えるべく、東京にあるUCLAのExtension(社会人大学)に通っていた時のことでした。

当時私が通っていたUCLA Extensionのコースは、MBAのダイジェスト版のようなもの。
3ヶ月の間に『ベンチャーキャピタルに投資してもらうビジネスプランをつくる』という仮想現実のもと、自分でビジネスプランを構築する中で、ビジネスに必要な一通りの項目を学ぶ、という内容。
講義は週末1回ですが、結構たくさん宿題が出ます。そして内容はもちろんすべて英語です。

せっかく時間を使うのなら、本当にやりたいことをちゃんと考えよう!と思ってでてきたのが”Girls Bee”というアイディア。
Girls Beeという名前も、UCLA ExtensionのDavid Tedone先生と一緒に考えて出てきた名前。
当時は”Girls Bee.com”というウェブ上のサービスにしようと考えていました。

“Girls Bee”が生まれる背景になったのは『もっと輝いて、自分に自信をもって、人生を謳歌する日本人女性を増やしたい』という想い。

幼い頃からたまたま外国人に出会う機会が多かった私にとって、出会う外国人の女性達の自信に満ちあふれたしぐさや話し方はとても魅力的に映りました。
そして同時に持っていた『どうして日本人の女性もこんな風に生きれないんだろう?』という素朴な疑問。

自分に自信をもって、強く、Sexyに、それでいて可愛らしい女性。

謙遜が美徳とされる日本人女性の奥ゆかしさを活かしながら、もっと自分の人生に堂々と、最大限味わいつくすような生き方。
そんな生き方を支援するサービスをつくりたい。
それが最初のGirls Beeのビジネスアイディアでした。

そしてそれと同じぐらいGirls Beeを始めた大きな理由。
それは『周りにたくさんの可能性をもった女性が多くいたこと』でした。

「もっとありのままの自分で仕事がしたい」
「仕事も大切だけど、プライベートも充実させたい」
「これから出産で一旦仕事を離れる…でも自分のスキルは積み続けたい」

転職支援の仕事はもちろん、日々生活する中で、とても優秀で、素養の高い女性が
“もっとすてきな自分になりたい”
“仕事もプライベートも、人生を楽しみたい”
“もっともっと自分を発揮して活躍したい”
そういう想いを持ちながらも、何かしらの理由でそれができずにいる現状をたくさん目にしました。

またそういう人たちの相談に個別にのる中で、その時その人に必要そうだなと感じた『人』や『場』を紹介することがあります。
そうすると、それだけでその方が今後の人生に描けるビジョンが大きく変わってくる。

だったら個別に相談にのるだけではなく、そういう女性を集めて、支援する仕組みをつくったほうが、大きなムーブメントになり、社会にインパクトを与えられるのではないか。

構想から約3年。
そんな気持ちがあって、いよいよGirls Beeをスタートさせることになりました。

そんなGirls Beeの発足からもうすぐ2年。
“日本の女性を~” “まわりの女性を~”と言って始めたGirls Bee、でも一番”Girls Bee”を必要としていたのは私自身だったんだな、というのを最近感じています。

小さい頃から妹との比較(をされたと思い込み?)で、外見も中身もコンプレックスだらけで自信がなかった自分。

小学校の時に、なんでもリーダーをやるような子だった私が意図せず自分がリーダーになったことで仲良しのお友達を傷つけていたことを知り、それ以来、人からの批判がこわくて『リーダー』ができなくなった自分。

中学校の時に、一番仲良いと思っていた友人が私の知らないところで私の陰口を言ってるのを知ってしまい、それ以来『女の子』が怖く、心の底から信じることができなくなってしまった自分。

これまで自分自身が生きてきた中で背負った”トラウマ”のようなものをGirls Beeの運営にあたっては、それをひとつひとつクリアしていく必要がありました。

自ら意図的にクリアしようと取り組んだこともあれば、辛くて忘れたくて蓋をして自分ですら忘れていたことは、向き合うことすらとても苦しいものもありました。

今でもすべてがクリアになった訳ではないかもしれません。
でも、今ではこうして人に対して客観的に話せるぐらいまで昇華され、特に最近は『私は”わたしのまま”が一番いい♡』とまで思えるようになりました。

この世の中に唯一無二の『じぶん』の存在。
ひとりひとりが、それぞれの役割や価値を持って生まれてきていると私は信じています。
だから、自分を大切に。
そして『ないもの』を数えるのではなく、『あるもの』『持っているもの』を数えて生きていく。

みなさんの中には、過去の何かしらの経験から自分に自信が持てなくなってしまった方、自分を発信することに抵抗を感じる方、自分が何が好きで何が嫌いか、それすら分からなくなっている方もいらっしゃるかもしれません。
それでもいいんです。

まずは『じぶん』を思い出すことから。
五感をおもいっきり開いて
「なりたい自分」を見つけ、
「なりたい自分」につながるきっかけをつかみ、
「なりたい自分」を実現させていく。
Girls Beeを通して私自身が『なりたい私』に近づいたように
Girls Beeはすべての女性にとってそんな”なりたい”がかなう場所でありたい。

そしてもうひとつ大事なこと。
私自身が『今』に至るまで、たくさんの方々が私と関わる中で、いろいろな可能性を見いだし、力づけて下さいました。
それがなければ今の私はありません。
今度はGirls Beeに関わって下さる皆さんにとって、私自身が”力づける存在”でありたいと思っています。

一人でも多くの女性が、素直に、元気に、楽しく、そして自分らしく、自分の個性・能力・価値・可能性を最大限に発揮する世界。
そんな世界の実現を目指して、Girls Beeをこれからも運営して参ります。

2013年7月23日 満月の日
Girls Bee代表 小川 麻奈


Comments are closed.