Girls Bee Ambassador インタビュー【藍澤 牧美】

藍澤 牧美     Aizawa Makimi
薬剤師、漢方Kaon認定漢方アドバイザー、NST専門療法士、
スポーツファーマシスト

プロフィール写真(藍澤)

これまでのご経験について教えて下さい

医師や看護師と協力して、薬剤師の立場から患者さんと向き合いたい。漢方の知識を活かして、心の保ち方や身体の養生の面からもサポートを

高校で有機化学の面白さを知り、将来は化学の知識をベースに人と関わる仕事がしたいと考えていました。また、過去に体調を崩しがちだった弟が薬の副作用で顔がむくんでしまったことがあり、薬は患者さんだけではなく、家族も含めて不安をもたらすことを理解していました。だからこそ、患者さんはもちろん、家族も含めて薬の不安を取り除く薬剤師になりたい、と思ったんですよね。

大学入学後は、個別指導塾でアルバイトを始めました。その塾では、一人の生徒に対して各教科の担当が協力しながら成績を上げるカリキュラム体制を取っており、その経験がチームとして一人の人を導く楽しさを知るきっかけとなりました。これが薬剤師としての仕事観にもつながり、病院の中で色んな専門家と共に仕事ができる環境を目指すようになります。
しかし、薬剤師の国家試験を前に勉強に熱中する日々を送り、食事もままならない中で体重だけがどんどん落ちていく状況に陥りました。無事に試験が通って働き始めてからも、忙しさとプレッシャーからか食事量が増えず、体重が減る一方だったんです。そこで、治療のために通い始めたクリニックで、漢方カウンセリングルームKaonの樫出恒代さんと出会い、漢方に目覚めました。

もともと生薬に興味があったので、漢方のセミナーにも参加し、その後は本格的に学ぶためにKaon漢方アカデミーにも通うようになります。アカデミーでは、漢方薬を使うということだけではなく、漢方の考え方を使ってどう生きるかを学びました。これまでは人に弱みを見せられず、殻に籠もりがちだった私が、このアカデミーでの勉強を通じて、心と体と向き合えるようになり、「ありのままの自分でいいんだ」と自分を受け入れ、人に頼れるようにもなって、とても楽になりました。また、漢方を使うことで、化学療法で治療を受けている患者さんの副作用や心的ストレスを和らげることができるのではないかと期待しています。

今後は、漢方について学んだ知識を活かして、心の保ち方や身体の養生の仕方について薬以外のところでもアドバイスをしていきたいと思っています。副作用に悩むことなく、長い期間の服用でも不安にならないような治療のサポートをしていくことが私の使命だと思います。

Girls Beeでの活動を通じて得たものは?

一つのものを仲間と協力して作り上げる経験をしたことが、自信につながりました

Girls Beeが立ち上がって間もない頃に参加した、チャリティーイベントのボランティアが私にとって忘れられない経験となりました。眼科医師として無償医療をベトナムで行っている服部匡志先生を応援するためのチャリティーイベントで、レンタルドレスの事業をされている女性起業家の方が主催されたイベントの運営に関わりました。このイベントをメンバーと一丸となって作り上げた経験が自分の自信となり、新しい世界に触れるきっかけとなったんです。薬剤師として働いていると外と触れ合う機会は少ないのですが、色んな世界の方と交流ができたことが嬉しかったですし、とても良い経験となりました。

また、コラムライターになるプロジェクトでは、漢方に関するコラムを1年間担当させていただき、身につけた知識のアウトプットの場をいただけたことが嬉しかったです。書くことで漢方の考え方が好きな自分を再認識するとともに、自分自身の健康も再確認する機会となり、知識をより深くするきっかけにもなりましたね。

今後どのようななりたい像を描いていますか?

漢方の視点から女性の心身をサポートする活動をしていきたい。女性として、自分の生き方を確立するのが今の目標

女性が妊娠できる身体を作る、無理なダイエットの危険性を訴えるなど、女性の心身のサポートを自分の使命として活動を続けていきたいと思っています。NST認定療法士としての栄養の知識と漢方アドバイザーとしての漢方の知識を活かし、その観点から多くの人を幸せにするためのアウトプットの場を作っていきたいと思っています。

そして自分を信じて、もっと自分を好きになって芯のある女性になりたいです。人を幸せにするためには、まずは自分の芯をもって幸せでいることが一番必要だと思うので。今までは自分を探して、よく分からないまま外に答えを求めていたんですけど、答えは自分の中にあるものだと今は思います。自分の良いところを見つけて、活かす方向に考えないと、と思うようになりました。Girls Beeには素敵な女性がたくさんいますが、自分と比べることなく、自分のフィールドを持って活動をしていきたいですね。

ようやく自分の登るべきフィールドが見えてきたような気がしています。これからも毎日笑顔を絶やさず、幸せって思えるような毎日を過ごしていけるよう地道に頑張ろうと思います。

 

漢方カウンセリングルームKaon


Comments are closed.